便秘解消には食物繊維が大切

便秘解消には食物繊維が大切です。 野菜に多く含まれているので、積極的に野菜を食べるようにします。 バナナは、甘くておいしくスーパーで安く買うことができます。 柔らかい食物繊維がたっぷりと含まれていて便秘解消に役立つ果物です。 食後のデザートにピッタリだと思います。 そのまま食べてもよいのですが、輪切りにしてヨーグルトのトッピングにしてもおいしいです。 便が硬くなってしまったタイプの便秘を解消するためには、食物繊維ではなく、オリーブオイルが良いです。 朝にスプーン1杯のオリーブオイルを飲むと、腸が刺激されて便通を促せます。 スーパーでは、生きたまま腸まで届く乳酸菌入りのチョコレートが売られています。 興味本位で食べてみました。 食べた後1時間ぐらいしてからお腹に変化がありました。 チョコレートが便秘解消に効果があるとは思わなかったのですごいなあと思いました。 便秘になってしまうとついつい薬に頼りたくなりますが、チョコレートなら体に優しいのでおすすめです。

ペクチンの便秘解消効果

ペクチンは食物繊維の一種で、リンゴに多く含まれています。1日1個のリンゴは医者いらずといわれていますが、ペクチンの働きも関係していることでしょう。 便通をよくするには食物繊維が大切で、水溶性と不溶性があります。水溶性食物繊維は腸内の善玉菌のエサになったり、一緒に食べた糖や脂肪の吸収を穏やかにする働きがあり、不溶性食物繊維は腸の蠕動運動を活発にしたり、便のカサを増やします。 ペクチンは水溶性食物繊維です。腸内環境を改善したり、便の容積を増やして腸を刺激する働きもあり、便通をよくします。 食物繊維というと野菜やきのこを思い浮かべるかもしれませんが、野菜やきのこに多く含まれているのは不溶性食物繊維です。不溶性食物繊維ばかり摂っていると腸がつまってしまい、便秘が悪化することがあります。そのような場合は、ペクチンのような水溶性食物繊維を摂ることで解消するケースがあります。 リンゴのペクチンは加熱すると増えます。くし形に切って電子レンジで温めたり、鍋で煮るなどするとペクチンをたくさん摂れます。

便秘の改善策

便秘というと軽く考えがちですが、当の本人にしてはしんどい物ですし便秘は女性の人の方がなりやすいです。女性は生理が一か月に一回ありその女性ホルモンの関係によりどうしても便秘になりやすくなります。 便秘になれば今は色々な種類の便秘薬が市販でも売っていますが、便秘薬は一時的には便秘を治してくれますしまたずっと服用し続けると癖になってしまって服用量が増えていってしまう傾向がありますので体質が改善されるわけではないので、やはり便秘の体質そのものを改善させなければいけません。 便秘に良い物としては、食物繊維を含む食べ物があげられますがそれだけではありません。便そのものに水分を含ませないとどうしても便が硬くなりますので水分はしっかりとるべきです。そして整腸作用があるバナナなどを朝の空腹時に食べるのもおすすめです。宿便がたまると体重も増えますので、しっかりと毎日排便する事はダイエットにも繋がりとても大切な事です。

このページの先頭へ